【採用担当必見!】面接代行3つのメリット・デメリットと依頼するポイントを解説

面接代行とは何なのか、代行(アウトソーシング)するメリット・デメリットやポイントを解説

今回は採用代行 (RPO) の中でもメインの業務の1つである、面接代行についてを解説していきます。

この記事では面接代行を導入した際のメリットやデメリットなどを紹介し、面接代行を実際に依頼するときのポイントなどを解説していきます。

またプロ人事に関しても面接代行のサービスをご用意しているので、ぜひ面接代行としてお悩みがある場合はお気軽にお問い合わせください!

採用代行(RPO)で人事の負担を減らしませんか!?

(株)プロ人事は人事・採用代行に特化した専門のコンサルティング会社になっています。
だからこそ、この記事に記載しているノウハウ以外にも豊富な採用に関するノウハウを有しています。
今なら期間限定!無料で初回コンサルティング実施中!詳しくは以下からお問合せください!

目次

1.面接代行とは

面接代行とは、本来であれば社内の人事や担当者が行うものである面接をアウトソーシング会社に依頼し、専門のプロが代わりに行うものになっています。

面接代行の見づらい事などは改めて解説していきます。

具体的には以下のような業務を面接代行をしている採用代行 (RPO) の会社に依頼することが一般的です。

  • 応募者への対応
  • 面接の日程調整
  • 広告媒体等の連携
  • 求人票の作成
  • 会社説明会の開催対応

このような業務を連携しながら採用代行・アウトソーシングサービス(RPO)を活用していきます。

2.面接代行を利用する理由、メリットとは

面接代行を利用するメリットって一体何なんだろう…?
自社で面接すれば良いんじゃないの?

このようにお考えの企業様も多いでしょう。

ここではまず、面接代行を利用する企業側のメリットとは一体どんなものなのかについてを解説していきます。

一見すると面接を代行などせずに、自社で面接を行えば良いと思っている人が多いでしょう。

しかし実際には面接の代行を利用することによって、様々なメリットを得ることができます。

面接代行を利用する際のメリットについて以下の3つがあげられます。

それでは、この3つのメリットにちて以下で詳しくみていきましょう。

メリット1:自社と明確に合わない応募者を省くことができる

やはり面接代行の最大のメリットは、自社と明確に合わないような応募者を省くことによって、採用の活動を効率的に行っていくことができることです。

採用の業務のコストを全て見える化した場合、大きなコストがかかってしまうのが面接となります。

面接は、面接官が行う応募者とのやり取り、各準備、対応等を踏まえていくとどうしても2時間程度かかってしまいます。

しかも面接官になるような人の場合は、社内でも重要な業務を任されているような人が多いです。その人の貴重な時間を割かれてしまうのは会社全体として見ても、大きな毀損があると言えるでしょう。

一方で経験面については書類選考等でしっかりと確認していくことができますが、人柄などに関してはなかなか書類選考だけでは全て把握することはできません。

そのため最低限のラインをクリアできているかどうかをジャッジすると言う意味でも、面接代行を取り入れることはとても効果的な取り組みといえます。

メリット2:プロの力で応募者に対して魅力訴求ができる

応募者の魅力訴求は自社の社員でしかできないと思い込んでいませんか?

確かに自社の細かな話などは、社内の担当者や社員でしか話せないことも多いでしょう。

ただしそれだけで面接の魅力訴求ができていると考えるのは早計です。

実際には、プロの力だからこそ伝える能力が非常に高く、わかりやすく具体例を持って伝えることができます。それだけでなく、様々な採用の事例を知っているからこそ他社と比較した上での魅力訴求もできるため、外部のプロがわかりやすくその会社の魅力を伝えることができるのです。

メリット3:応募者を見極める

そして3つ目のメリットであるのが、応募者を見極める点です。

実際に面接をすると、応募者は自分をよく見せようとするのでなかなか本質などを見極めることが難しいです。

これに関してはもちろん、プロに頼めば簡単にできると言うものではありません。

とはいえ、様々な事例を知っているプロだからこそ面接などで見極める方法や経験則といったものがあるのです。

だからこそ、第三者の視点から応募者をしっかりと見極めると言うことでプロの面接代行を取り入れるケースもあります。

特にこの第三者の視点で応募者を見極める力を入れて行っていきたい場合には、私たちプロの採用代行の会社に面接を丸投げする形ではなく、その会社の面接に自社の面接官と我々が同席して一緒に面接を行うスタイルもあります。

このようにすると業務効率の改善までは見込めませんが、面接のクオリティや応募者を見極める力は格段に上がっていきます。

またそれだけでなく、優秀な応募者を落としてしまうような問題も、このタイプの面接代行を一緒にすることで払っていくことが出来ます。

なぜなら私たちプロが面接に同席することによって、逐一応募者への対応についてもっとこうすればよかったとアドバイスしていくことが出来るからです。

このように面接代行については単に面接を外部に依頼するだけでなく、様々なメリットがあるのです。

3.面接代行のデメリットとは

それでは次に面接代行のデメリットについてを解説していきます。

面接代行のデメリットとして本質的には1つしかありません。

それはやはりコストがかかってしまう点です。

よくアウトソーシングのサービスと比較検討しているときに、社内でやればタダだと勘違いしているケースが多い。

実際に面接代行の費用と言う意味であれは確かに社内であればお金はかかりません。

しかし社内の担当者が面接をしていた場合でも、見えないコストがかかっていることには注意が必要です。

面接の日程調整などを行う場合には、その日程調整を行う者の人件費は実際にはかかっています。それ以外に求人票の作成など様々なところで人件費はかかってしまっているのです。

これらの費用はなかなか直接請求書等が出るわけではないので、費用等が大変見えにくくなっています。しかし実際にかかっている経費であるので、これらの点を見逃さないようにアウトソーシングと比較していくようにしましょう。

またもう1つ見えづらいデメリットとして挙げられるのが、導入当初の連携のコストです。

面接の日程の調整などをどのように連携していくのかなどはやはり最初の段階はレクチャーや調整等の時間がかかってしまいます。

ただこれは面接官を新しい社員に任せたとしても教育コストがかかってしまうので、ある意味アウトソーシングすることと同じだと言えるでしょう。

アウトソーシング会社であれば、一度面接の日程の調整等の仕組みを連携、レクチャーをするだけで後はアウトソーシング会社の社内で再教育などしてくれます。そのため既存の派遣やパートのように、せっかく教えても退職されてしまってまた教えないといけないという問題は発生しません。

さらには、派遣やパートは比較的に業務の停止等ができるかもしれませんが、現実的にはなかなか簡単に切り替えが難しいのが現状でしょう。

ここでアウトソーシングの会社であれば、採用しなくなったのでアウトソーシングサービスを一旦中断することもできます。そうすることで、非常に臨機応変に採用戦略を変えていくことができるようになると言えるでしょう。

4.面接代行の会社へ依頼するポイントについて

それでは最後に面接代行の会社に依頼する際のポイントや注意点などについて解説していきます。

ポイントとしては以下の2つが挙げられます。

①採用に関する能力ノウハウをどれだけ持っているのか②柔軟性のある対応をしてくれるかどうか

この2点に集約されていると言っても過言ではないでしょう。

ポイント1:採用に関する能力ノウハウをどれだけ持っているのか

1点目のノウハウについては言わずもがなですが、面接の代行と言うのは、簡単にできるものではありません。

自社の面接であっても、どういったことを聞けば良いのか、どうすれば応募者に魅力に感じてもらえるのかなどを考えるのはとても難しいものです。

それに加えて社外の人間が面接をしようとすると非常に難易度が高くなるでしょう。

だからこそ採用のノウハウをしっかりと持っているかどうかが重要になります。

ポイント2:柔軟性のある対応をしてくれるかどうか

また2点目の柔軟性のある対応をしてくれるかどうかについては、面接を行う担当者のことも当然ありますが、それだけでなく、その会社としても柔軟的な対応ができるかどうかが重要になってきます。

日々の面接についてはどうしても日程の調整など変更になったりすることもありますし、そのほか色々と調整や業務が入ってしまうこともあり得るでしょう。

そのため、厳格に規則に決まっている事しかできないと言うようなタイプの企業だと面接代行をお願いしても業務効率を下げてしまいかねません。

そうなってしまってはアウトソーシングをしている意味がありませんので、非常に柔軟的に業務を行ってくれる採用代行、アウトソーシングの会社をしっかりと選んでいくようにしましょう。

私たちプロ人事であれば、非常に柔軟に対応させて頂いております。面接の代行や採用代行 (RPO) にご興味のある企業様がいらっしゃれば、ぜひお気軽にお問い合わせください!

まとめ

この記事では、面接代行に関して詳しく解説してきました。

面接の代行に関しては、特に業務の効率を高めていくことに関しては非常に良い手法であります。

そのため、面接代行や採用代行・アウトソーシングサービス(RPO)に関して検討されていらっしゃる企業様がいらっしゃいましたら、ぜひお気軽にお問い合わせください。

我々プロ人事であれば、柔軟に面接の代行をすることが可能です。

【プロ人事オススメ!】採用代行・アウトソーシングサービス(RPO)についての関連記事

採用代行・アウトソーシングサービス(RPO)についての関連記事
こちらの記事をご覧頂いている方におすすめしたい記事の紹介になります。併せてご覧ください!
採用代行・アウトソーシングサービス(RPO)の会社の選び方やサービス内容について解説しています。

まず採用代行・アウトソーシングサービス(RPO)の選び方について、さらに詳しく解説している記事になります。

こちらでは、さらに採用代行・アウトソーシングサービス(RPO)のサービス内容について詳しく解説している記事になります。

また、こちらでは本サイトで掲載された採用代行に関する記事の中でも人気な記事を紹介しつつ、採用代行に関する疑問について徹底的に解説しておりますので、合わせて御覧ください。

「採用代行 (RPO) 」にお困りならお問合せください!

ご不明な点やご不安な事項はメールフォームからご相談ください!
2営業日以内に担当者より御連絡させて頂きます。
どんな些細なご相談でもご遠慮なくご相談くださいませ。
しかも、今なら、初回コンサルティングを無料でご提供させて頂いています!

\ お気軽にお問合せください!/

この記事の監修者

採用代行・採用コンサルティングサービスを提供している株式会社プロ人事が運営する採用メディア「SaiDai」

目次
閉じる