「プロ人事」のスカウト代行・ダイレクトリクルーティング運用を徹底解説!【利用検討中の企業必見】

利用検討中の企業様必見!!プロ人事のスカウト代行サービスについて徹底解説!!

企業の人事部で「攻めの採用手法」として人気を集めている「ダイレクトリクルーティング」。うまく活用できれば自社にマッチした人材を獲得できるため、導入している企業が増えています。

しかし攻めの採用手法といわれるだけあって、従来の採用手法と比べるとかなりの手間がかかるため、うまく運用に乗らないケースも多いのです。

そんな中、ダイレクトリクルーティングを成功させている企業では、サービス代行を積極的に活用しています。

そこで今回は、採用のプロとして採用コンサルタントや代行業務を行っている当社「プロ人事」のスカウト代行・ダイレクトリクルーティング運用代行について詳しく説明します。

企業の人事担当で代行を検討中の方、他社との比較検討をしたい方はぜひ参考にしてください。

ダイレクトリクルーティングで
採用の質を上げてみませんか?

採用に特化したプロ人事だからこそ、より効果的なダイレクトリクルーティングの運用をご提案することができます!

ダイレクトリクルーティングに関する業務内容も幅広く対応しておりますので
ぜひお気軽にお問い合わせください!

目次

1.プロ人事ならではのスカウト代行・ダイレクトリクルーティング運用

スカウト代行やダイレクトリクルーティング運用とは何かを簡単に説明した上で、当社のサービスの強みについて解説します。

1-1.ダイレクトリクルーティング・スカウトとは

ダイレクトリクルーティングとは、人材を採用したい企業が転職や就職したい人に直接アプローチしていく手法です。

これまで一般的とされてきたのは、人事部が候補者からの応募を待つ「受け身の採用手法でしたが、ダイレクトリクルーティングはその逆をいく「攻めの採用手法」といえるでしょう。

ダイレクトリクルーティング=スカウトを同じ意味で使う方も多く、定義が曖昧になっていますが、厳密にいうと違います。

ダイレクトリクルーティングというのは、上記で説明した「攻めの採用手法」のことをいうのに対し、スカウトはそのフローの1つです。

スカウトの内容は、ダイレクトリクルーティングサービスに登録した候補者を抽出し、「うちを受けてみませんか?」という内容のスカウトメールを送って面接にこぎつけるまでのことをいいます。

当社の場合でいうと、スカウトメールのみを行う「スカウト代行」をベースとして、クライアント企業のご要望に応じて、ダイレクトリクルーティングに必要なほかの仕事も対応しています。

ダイレクトリクルーティングについて、もっと知っておきたいという方は、こちらの記事でダイレクトリクルーティングに関する疑問点について網羅的に解説した記事となっておりますので、あわせてご覧ください。

1-2.当社の強み

当社の強みは、採用全般の代行やコンサルティングを行っているプロであるということ。

当社はスカウト代行やダイレクトリクルーティング運用代行に特化しているのではなく、幅広い業務を行っています。

代行している採用業務としては、説明会や面談の代行から応募者とのやり取りなど、リクルーター業務をメインとする新卒採用から、希望する候補者ごとに異なる人材紹介サービスの中から効率よく優秀な人材を獲得する中途採用まで対応しています。

また採用マーケティングや求人広告の活用、オウンドメディアリクルーティングなど、採用コンサルティングも行っており、企業の要望に応じたノウハウを提供しています。

このように、スカウト代行・ダイレクトリクルーティング運用代行のみでは見えてこない高い視座を持っているため、より有効なご提案が可能となります。実際に代行業務をきっかけに人事の問題点が浮き彫りになることもあり、業務改善に繋がったケースもあります。

また、いまお付き合いのあるライアントからは、「採用人事の現状や傾向について客観的な意見が聞ける」というポイントが意外と喜ばれています。

当社では、採用という分野において幅広い経験と知識があるからこそできる仕事をさせていただきます。

2.スカウト代行・ダイレクトリクルーティング運用のフロー

当社が提供するスカウト代行・ダイレクトリクルーティング運用について、順番に説明していきます。

2-1.スカウト代行・ダイレクトリクルーティング運用の戦略策定

母集団形成や欲しい人材を決定するためにヒアリングをします。ここで通常の採用手法と異なるのは、ダイレクトリクルーティングの特徴を踏まえた戦略を考えること。企業としては「自社にマッチした人材を」と考えて条件を厳しくしたいところですが、ダイレクトリクルーティングでは状況に合わせて都度変更していくことが求められます。

戦略策定の際に当社が注目しているポイントについて解説します。

目標人数に合わせて条件を緩和していく

当社の経験上、ダイレクトリクルーティングでは1人採用するためには300~400人にスカウトを送る必要があります。

そのため、あまりに厳しい条件だと候補者が全く集まらない可能性もあるのです。

例えば「Ruby(プログラム言語)が使えるエンジニアが欲しい」としても、企業の規模や知名度、条件によっては10人程度しか集まらず、これでは1人も採用できないかもしれません。

該当者を候補者にするのは大前提として、マッチ度が高い人材だけで良いのなら条件を絞ったままで構いませんが、希望人数を集めるためには条件を緩和することが求められます。

そうすると次は、「Ruby言語に触れたことがある」「C言語ができる」など幅を広げる必要があります。

候補者の中から毎月、毎週など定期的にスカウトを送ると、検索条件に引っかかってくる人材も減ってきますので、自然と条件緩和をしていくことになります。

業界の事情や経験などから条件設定を見直しが必要なことも

企業から提示する条件を聞いた時に、明らかに無理がある場合は指摘させていただきます。

例えば、

企業が求める人材 → 外資系コンサルで5年以上の経験あり

提示する条件 →年収1,000万円

の場合について考えてみましょう。

一般的に年収1,000万円は高く思われますが、外資系コンサルは新入社員の時点で700万円以上と最初から高い設定であるため、中途の場合、すでに1,500~2,000万円をもらっているかもしれません。そうすると1,000万円は妥当でないといえるでしょう。

求める人材と提示する条件が合っていないケースは意外とあります。

スカウト・ダイレクトリクルーティング運用ではスピード感が重要

ダイレクトリクルーティングサービスの種類によっては、「半年で300人にスカウトができる」など期間が設定されているものもあります。

あまり慎重になりすぎて候補者の条件を絞ったり、慣れない運用に消極的だと、期間内に目標人数に到達しないまま、サービス運用期間を終了することになってしまいます。

ダイレクトリクルーティングではスピード感も重要であるため、運用代行をした際に気になる場合はアドバイスさせていただきます。

2-2.募集要項作成、スカウトメール文作成

当社が持っている採用のノウハウを活かした募集要項を作成します。

例えば年収設定は「高いほど良い」と考えがちですが、必ずしもそうではありません。候補者の中には、「自分に見合っていないのでは」と尻込みしてしまう人もいるものです。

また逆に、本当に欲しい人材なら600万円出せるが、それほどでもない人が殺到した場合は400万円しか出せない」という場合、いくらにするべきか判断が難しいこともあります。当社ではこれまでの経験から、要望や条件に応じたアドバイスをさせていただきます。

通常、募集要項は1種類のみ作成しますが、ペルソナごとに作り分けることも可能です。

例えば年代で分ける場合、20代と30代以降では訴求するポイントも変わってきます。

(例)

20代 「成長できる・挑戦できる環境」

30代 「若手のマネジメントができる」「年収が高い」など

スカウト文についても募集要項と同じ考え方で作成します。

こちらの記事では、スカウトメールの書き方について解説した記事となっており、プロ人事のスカウトメールのノウハウについて気になるという方はこちらもあわせてご覧ください。

2-3.ピックアップ、スカウトメール送信

戦略策定で出した条件に沿って候補者をピックアップし、都度メールを送信します。

2-4.日程調整、カジュアル面談(オプション)

要望に応じて面接が決まった候補者に対して、面接の日程調整やカジュアル面談の代行もしています。

カジュアル面談では候補者の人となりや詳しい条件など、ダイレクトリクルーティングのサービス上だけでは分からないポイントなどをチェックすることが多いです。

実施の際は、まずクライアント企業のカジュアル面談に同席させてもらい、通常の流れを確認した後、当社のカジュアル面談にクライアント企業が同席してチェックしていただく、という流れになります。

当社のカジュアル面談のノウハウはこちら

あわせて読みたい
【採用担当者必見!】採用につながるカジュアル面談の方法とは?【選考】 選考要素のない「カジュアル面談」で採用につなげる方法を解説します。カジュアル面談は他社との差別化に有効な手法ですが、その運用には難しいところもあります。メリットやフロー、ポイントについて採用のプロである「プロ人事」が丁寧に教えます!

2-5.振り返り、改善

「2-1.戦略策定」から「2-3.スカウトメール送信」(または「2-4.日程調整、カジュアル面談」)までのフローの中で、プランによって月数回、1回あたり30分から1時間のミーティングで振り返りを行います。

現状の報告とともに、随時、候補者の条件変更の相談や提案をさせていただきます。

ダイレクトリクルーティングのサービスごとに異なる「返信率」「開封率」といったデータを分析し、募集要項やメール文の改善などをする場合もあります。

ここで当社の知見を活かした話をするので、業界の採用事情やいまの傾向など、「社内のみでは知りえない情報を知ることができる」と好評いただいています。

過去、クライアント企業の内定後辞退率が同業他社の平均より高いことをお伝えした際、今まで社内では認識しておらず、すぐに業務改善に取り組んだという事例もあります。

3.料金体系

基本的な料金プランは3種類となります。ここでは概要を説明しますが、条件等によって異なるため、詳しく知りたい方は気軽に問合せください。

【10万円~/月】スタートプラン

最も基本となるプランです。2章の「日程調整」「カジュアル面談」を除いたものになります。

料金はスカウトメール1通あたり800円~、ひと月に換算すると10万円~(1通800円の場合、125通~)を想定しています。難易度や候補者の数などによって800~1,000円になります。

前回契約から半年以内に再度ご契約いただいたクライアント企業様は初期費用無料、新卒スカウトご依頼者さまは割引など特典もあります。

日程調整つきプラン

面談に進む候補者の日程調整を行います。

費用は候補者数や面談担当者の人数、日程調整ツールの有無などで変わってきます。

カジュアル面談付きプラン

面接に進んだ候補者に対して日程調整を含めてカジュアル面談を実施します。ご要望や条件によって変わります。

その他のプラン

上記3つのプランは、スカウトメール送信件数ごとの値段になりますが、確約プランでは返信を確約した時点で費用が発生するプランになります。料金は基本的に各プランより上乗せされます。

・返信確約プラン
スカウトメール送信後、候補者から返信が来た時点で費用が発生します。

・日程調整確約プラン
スカウトメールで候補者が面接の意図を示した後、日程調整が終了した時点で費用が発生します。

4.まとめ

今回は株式会社プロ人事のスカウト代行・ダイレクトリクルーティング運用代行について、主に初めて導入を検討されている企業様に向けて解説をしました。

当社は採用全般の代行業務やコンサルティングを請け負っているため、より高い視座でスカウト代行やダイレクトリクルーティング運用をしています。それにより、ただ業務を機械的に行うだけでは見過ごしてしまうポイントもしっかりくみ取ることができます。

スカウト代行をきっかけに人事部の問題点や改善点が浮き彫りになる事例もこれまでにいくつかあり、当社から初めて聞く情報も多いと好評いただいています。

外部の第3者的な立場であり、また採用のプロだからこそできるスカウト代行・ダイレクトリクルーティング運用代行をぜひお試し下さい。

費用面やサービス内容に関しては、各企業様によって柔軟に対応・提案させていただいていますので、不明な点や詳しく知りたいことがあれば、お気軽に問合せください。

「採用代行 (RPO) 」にお困りならお問合せください!

ご不明な点やご不安な事項はメールフォームからご相談ください!
2営業日以内に担当者より御連絡させて頂きます。
どんな些細なご相談でもご遠慮なくご相談くださいませ。
しかも、今なら、初回コンサルティングを無料でご提供させて頂いています!

\ お気軽にお問合せください!/

この記事の監修者

採用代行・採用コンサルティングサービスを提供している株式会社プロ人事が運営する採用メディア「SaiDai」

目次
閉じる