【コロナ対応】SaiDaiオススメの採用代行サービス紹介ページはこちら! CLICK!

【アルバイト採用】採用代行・アウトソーシングサービス(RPO)を活用する2つのメリット

アルバイトの採用について、採用代行・アウトソーシングサービス(RPO)を活用するパターンやメリット・デメリットを解説

このコンテンツでは、アルバイトの採用を行う際の採用代行 (RPO) に関する注意点などを解説していきます。

通常、小規模の店などであればその店の中で採用活動を行い、経営者もしくは採用担当者などが面接をするのが一般的でしょう。

実際にどれぐらいシフトに入れるのかを決める際も、シフトの作成担当者と直接話し合うことができるため、非常に効率的にアルバイトの採用を行うことができます。

しかしながらアルバイトの採用を店で行ってしまうと、広告をそれぞれのお店が用意しなければいけないため、それらの調整などが無駄になってしまう可能性もありますし、お店間ごとの調整なども難しくなります。

さらには、1人採用すれば済むだけの場合、何件も問い合わせが来てしまうとその店にとって損になるケースも考えられます。一方で他店にとってはその無駄になった応募者が喉から手が出るほど欲しいというケースもあるでしょう。

担当者間同士の調整がうまくいけば、この辺りはうまくかわせます。しかし、結局のところ属人的なことに負けてしまうことになるため、ある程度の規模になれば会社としてしっかりと採用のシステム化が重要になるといえます。

そこで重要となるのが採用代行 (RPO) です。

アルバイトの採用等は、時期や状況によって多く採用しなければいけないなど採用活動に波があるケースが非常に見受けられます。だからこそ採用代行 (RPO) のようなサービスを利用することで、季節や直に営業があっても左右されない採用力を作り上げることができるのです。

このコンテンツでは、実際にアルバイトの採用をするのに採用代行 (RPO) を活用して行っていく場合のメリット・デメリット、そしてポイントや注意点について解説していきます!

「採用代行 (RPO) 」にお困りならお問合せください!

ご不明な点やご不安な事項はメールフォームからご相談ください!
2営業日以内に担当者より御連絡させて頂きます。
どんな些細なご相談でもご遠慮なくご相談くださいませ。
しかも、今なら、初回コンサルティングを無料でご提供させて頂いています!

\ お気軽にお問合せください!/

目次

1.そもそも採用代行 (RPO) とは

改めて採用代行 (RPO) とは一体何なのかについてを解説していきます。

採用代行とは、採用業務や人事業務などを代わりに行ってくれるようなサービスのことを指します。

自社で行った方が良いのではないかと思われるかもしれませんが、採用業務の場合、どうしても時期によって波が出てきてしまいます。

今回ご説明するアルバイトの採用に関しても、アルバイトが年間を通していて一定数必要な事業もあるかと思いますが、業界によっては特定の時期に多数のアルバイトが必要と言うケースもあるでしょう。そういった場合こそ、採用代行 (RPO) は役に立つのです。

他にも、プロのノウハウを活用することができることも大きな特徴でしょう。

労働力が欲しいと言えば、派遣等が一般的だと思われます。しかし派遣の場合には、対応してくれる人が結局派遣社員のレベルになってしまうので、人事担当者などが指示や育成をしなければなりません。

一方で、採用代行であれば採用に関わるプロフェッショナルが採用代行してくれます。そういった育成に関する内容が必要なく、調整等をしっかりと行っていくだけで、すぐに採用をスタートできるのも採用代行の特徴です。

2.採用代行 (RPO) の種類とは

次にアルバイトの採用代行 (RPO) についてお話する前に、採用代行の会社の選び方で最も重要である、採用代行の種類についてを解説していきます。

採用代行 (RPO) の会社には大きく分けていくと2つの種類があります。

どちらの会社も見た目は同じように見えますが、サービスの中身は全く異なるため、採用代行 (RPO) の会社の選び方には注意が必要です。

パターン1:採用のプロフェッショナルが提供している採用

まずは採用のプロフェッショナルである会社が提供してる採用になります。

このメディアを運営する株式会社プロ人事は会社名の通り、まさに採用に特化したプロの会社であると思っていただけるでしょう。

このような採用に特化している会社であれば、当然ながら採用に関するノウハウを豊富に持っているのは言うまでもありません。

次に解説する幅広いものを行っている会社も、確かに採用に関するノウハウを持っている人はいるでしょう。

しかし、採用に関しては、実際に業務を行う人以外にも営業マンや設計を行う人など様々な人が関わってきます。

幅広い業界や職種のアウトソーシングサービスを提供している会社であれば、社員の方々全員が採用に関してノウハウを持っているとは限りません。

むしろ、そういう会社は、採用に関してノウハウを持っていない方が多いでしょう。

つまり実際の業務多くの人は採用に関して詳しい人であっても、その人たちを切開して設計したり戦略を立案する人間が知識を持っていないケースが大きいのです。

採用代行 (RPO) の会社のホームページを見ても、どこの会社も採用に関して特化したホームページを作っているので、一見するとどこの会社も採用に関して独自のノウハウを持っているように見えるでしょう。

そういった意味では、やはり会社名で判断していくのが良いでしょう。

会社名は当然ながら創業者がつけるものであり、様々な思いや考えを持っていて会社名をつけているはずです。

だからこそ、採用に関してしっかりと考えを持ったサービスを提供している会社と、そうでない会社では会社名にも違いが出てくるといえます。

そういったところで判断していくことで、わかりやすくその会社の考え方を把握することができるになります。

パターン2:幅広いアウトソーシングサービスを提供する会社

パターンの2つ目は、幅広いアウトソーシングサービスを提供する会社です。採用だけに限らず、一般的な事務や営業電話代行などの様々な業務を、実際に行っているケースが非常に多くなっています。

こういった幅広いアウトソーシングを行っている会社の場合、もともと派遣会社で行うケースも少なくありません。

そういった場合には、やはり派遣会社と言うことで、採用に関するノウハウが持てていないことが多くあります。

採用に特化した会社で例えると、よく契約に関することが問題になりやすいので、実際に依頼される場合には注意が必要です。しかし我々のようなコンサルティング会社の場合、採用コンサルティング会社と派遣会社の最大の違いとして、契約に対する考え方が異なります

コンサルティング会社の契約の考え方は業務委託の契約になっています。

これはつまり業務を委託し、最終的に約束された成果物を納品して契約が終了するという考え方です。つまるところ、成果が必要不可欠というのが採用代行 (RPO) のコンサルティング会社の考え方です。

一方で派遣会社の考え方は派遣契約の考え方になっています。

派遣契約というのは、成果に限らず決められた人を派遣すればそれで派遣契約は冠水したものとするという考え方です。

つまり最終的な成果物や成果に関して責任を持つという考え方はなく、むしろ発注者であるクライアント企業側の方がそういった責任を取るべきであると考えているのです。

一言で同じ採用代行と言ったとしても、このように中身の考え方は非常に大きく異なります。

一見すると全て同じ採用代行なのですが、このような違いがあるため、しっかりと違いを把握して採用代行の会社を選んでください。

3.アルバイトの採用に代行を使うメリット・デメリット

アルバイトの採用代行 (RPO) とは、実際にアルバイトを採用する際に活用していく採用代行のことを指します。

基本的には通常の採用代行とアルバイトの採用代行は、考え方の違いはありますので、実際の業務設計等は異なるケースがありますが、実際に行っていく採用自体はそこまで多くは変わりません。

通常の採用代行を行うことができる会社であれば、アルバイトの採用代行も十分に行うことができるでしょう。

アルバイトの採用代行 (RPO) では、実際の採用業務において、様々な業務を代行、アウトソーシングサービスをしてくれます。

採用代行の場合、アルバイトを採用しようとすると既存の採用のメンバーだけでは回らないことが非常に多くあります。

そういった問題を解決するために、採用代行を活用することによって採用のマンパワーを解消し、アルバイトの採用を実現するのです。

アルバイトの採用代行 (RPO) のメリット1:マンパワーの解決

アルバイトにおける採用代行を活用する最大のメリットは、マンパワーの解決でしょう。

一時的に、人が必要な場合は、こういった採用代行を活用することによって必要なときだけマンパワーを手に入れることができるため、採用の成功に結びつきやすいと言えるでしょう。

アルバイトの採用代行 (RPO) のメリット2:採用に関してノウハウを保有したプロのサービス

アルバイトの採用代行のメリットとしては、採用に関するプロが業務に携わってくれる点が大きいポイントであると言えるでしょう。

経験やノウハウを有しているからこそ、すぐにサポートを行うだけでなく、育成などのコストもかからないのが採用代行の特徴です。

このようなメリットが採用代行にはありますので、アルバイトの採用を行う際には検討していくと良いでしょう。

一方でアルバイトの採用代行にもデメリットがありますので注意をしましょう。

アルバイトの採用代行 (RPO) のデメリット1:コストが高い

例えば一時的な派遣社員等と比べるとどうしても、経験を有するプロがサポートするという性質上コストが割高になってしまいます。

そもそも経験を有するプロを活用しながら割安にしていく事は不可能なので、これをなかなか両立することは非常に難しいといえます。

とは言え我々株式会社プロ人事も手をこまねいているわけではありません。

我々プロ人事の場合は、本社を地方の神戸に移すことによって、固定コストを大幅に削減することが実現できています。そのため、できる限りコストを削減してサービスを提供することが可能です。

まとめ

このコンテンツでは、アルバイトの採用代行 (RPO) についてを解説しました。

また併せて採用代行についてだけでなく、採用代行の種類についても解説していきました。

アルバイトの採用に力を入れたい、通常の業務を疎かにせず採用をしたいなど考えていらっしゃる方がおられましたら、お気軽に株式会社プロ人事までお問い合わせください。

【プロ人事オススメ!】採用代行・アウトソーシングサービス(RPO)についての関連記事

採用代行・アウトソーシングサービス(RPO)についての関連記事
こちらの記事をご覧頂いている方におすすめしたい記事の紹介になります。併せてご覧ください!
採用代行・アウトソーシングサービス(RPO)を導入する提案と選び方についてを解説しています。

まず、採用代行・アウトソーシングサービス(RPO)を取り入れるようにご提案させて頂いている記事になります。

そして、導入するにあたって採用代行・アウトソーシングサービス(RPO)の会社の選び方を解説している記事になります。

「採用代行 (RPO) 」にお困りならお問合せください!

ご不明な点やご不安な事項はメールフォームからご相談ください!
2営業日以内に担当者より御連絡させて頂きます。
どんな些細なご相談でもご遠慮なくご相談くださいませ。
しかも、今なら、初回コンサルティングを無料でご提供させて頂いています!

\ お気軽にお問合せください!/

この記事の監修者

採用代行・採用コンサルティングサービスを提供している株式会社プロ人事が運営する採用メディア「SaiDai」

目次
閉じる