【コロナ対応】SaiDaiオススメの採用代行サービス紹介ページはこちら! CLICK!

【採用担当者必見!】ダイレクトリクルーティング/スカウト代行・運用代行の実態とは?【プロ人事】

採用担当者に向けたダイレクトリクルーティングやスカウト代行の運用の実態についてまとめています。

このコンテンツではダイレクトリクルーティングのスカウト代行・運用代行の実態と題して、近年注目を集めているダイレクトリクルーティングの運営代行やアウトソーシングサービスについて実際どのような中身になっているのかをご紹介解説していきます。

【採用代行ならプロ人事にお任せください!】
(株)プロ人事は人事・採用代行に特化した専門のコンサルティング会社になっています。
だからこそ、この記事に記載しているノウハウ以外にも豊富な採用に関するノウハウを有しています。
今なら期間限定!無料で初回コンサルティング実施中!詳しくは以下からお問合せください!

目次

1.スカウト代行、ダイレクトリクルーティング運用・代行とは

スカウト代行とはスカウト型の採用支援ツールを使い、スカウト業務を代行することです。

スカウト代行、ダイレクトリクルーティング運用・代行とは

代表的な事例としてはダイレクトリクルーティングが主とされており、ダイレクトリクルーティングにおいて候補者や学生に対してスカウトする文面を送り移行する事となります。

注意事項としては、一部のナビサイトがサービスを提供しているスカウトメールとは全く別のものである点に注意が必要です。

dodaなどのナビサイトのスカウトメールはそのサイトに登録している人の条件に当てはまる全員に機械的に送るものをスカウトメールと呼んでいます。

スカウト型の採用ツールやダイレクトリクルーティングのサービスはこのようなナビサイトのスカウトメールとは違う点に注意をしましょう。

今回のスカウト代行、ダイレクトリクルーティングの運用代行は、スカウト型の採用支援ツールを用いて応募者に対しアプローチをしていく業務を代行していくことになります。

当然ながらナビサイトのスカウトメールとは異なり、全く同じ文面を全員に送るようなスタンスではありません。

独自のノウハウを駆使しながら、該当の候補者や学生に対してアプローチを行い、効率的に応募者を募る手法になっています。

スカウト代行やダイレクトリクルーティングの運用を行っている会社の中でも、しっかりと新しいノウハウを持っているのであれば非常に高い成果を出すことができるでしょう。

プロ人事

ちなみに、プロ人事であれば、オファーボックス等を始めとする様々なダイレクトリクルーティングサービスと提携していますので非常に高いノウハウを持っている会社になってます。

2.スカウト代行のメリットとは

スカウトの代行、ダイレクトリクルーティングの代行を活用することによって、様々なメリットを得ることができます。

ここではまずスカウト代行やダイレクトリクルーティングの代行に関するメリットをご紹介していきます。

メリット1:プロのノウハウを活用することができる

メリット1

ダイレクトリクルーティングはまだまだ新しい採用手法となっており、ノウハウが一般的に広がっていません。

そのため新しく社内でダイレクトリクルーティングに取り組んだとしてもなかなか思うような実績が出なかったりすることも多くあります。

さらには後述する通りダイレクトリクルーティングに関しては非常に工数、時間が掛かってしまう採用手法となってしまっています。

つまりダイレクトリクルーティングの運営を失敗してしまうと、非常に時間が掛かってしまう取り組みに対し失敗しまうことになりますので、人件費の観点から損害が極めて大きなものと言えるでしょう。

ついダイレクトリクルーティングやスカウト業務は目に見えてお金が出て行くわけではないので、低リスクと思ってしまいがちですが人件費の観点で見れば実は高いリスクがあるものになっています。

だからこそそのリスクを低減するためにプロの代行を活用していくのがメリットであると考えることができるのです。

メリット2:忙しい人事のサポート

メリット2

ダイレクトリクルーティングやスカウト代行はどうしても時間が掛かってしまいます。

普段の通常業務でも人事の方々はとても忙しい方々が多いため、どうしてもその業務に加えてダイレクトリクルーティングやスカウト業務を行うと、非常に時間が掛かってしまい中途半端な状態になってしまいかねません。

だからこそダイレクトリクルーティングやスカウトの代行を依頼することで、それに掛かる時間を大幅に削減することができ、人事の方々は通常の業務や人事の方々でしかできない業務に集中することができるのです。

メリット3:間接経費の削減

メリット3

次のメリットとしてはアウトソーシングならではのメリットになりますが、間接的なコストを削減することができるようになります。

例えば、新しく人事の方を採用したり派遣社員の方を採用してダイレクトリクルーティングの運用代行やスカウト代行をした場合、その新しいメンバーの方に対する社会保険等のコストは当然ながら会社が負担しなければならなりません。

それに加えてオフィスに関連するコストやパソコンに関するコストなど、なかなか目に見えないコストが間接的な形で掛かってしまうのです。

一方、アウトソーシングであれば当然ながら社会保険のようなコスト面は掛かりませんし、その担当者がダイレクトリクルーティング業務を行うためのパソコンの用意するコストなども掛かりません。

すべての費用がアウトソーシング料金の中に内包されているため、目に見えない間接コストを全て削減することができるのです。

また見た目の人件費だけで比較すると、どうしてもアウトソーシングの方が割高に見えてしまいますが、このような目に見えないコストを踏まえて行くと十分にコストパフォーマンスに優れた取り組みであると考えることができるのです。

3.ダイレクトリクルーティングの運用とスカウト代行の具体的な業務とは

それでは次にダイレクトリクルーティングの運用代行やスカウト代行に関してどのような業務をやってくれるのかその中身や流れについてを解説していきます。

ステップ1:基本設計、戦略策定

ステップ1

まずはダイレクトリクルーティングでスカウト代行を行っていく上で基本的な業務の設計や、戦略の策定を行っていきます。

これらについては基本的にクライアント企業様で行っている既存の選考フローの運用を踏襲していくのか、あるいは新たにダイレクトリクルーティングように専門のフローを設計していくのかこれらの点をご相談しながら進めることができます。

当然ながらダイレクトリクルーティング専用の設計フローを構築していく方が、様々な面で効果が出やすいとされています。

一方で独自の取り組みが多くなってしまうと業務が煩雑になってしまうリスクもあります。

またこのタイミングで同時にどのスカウト媒体やダイレクトリクルーティングのサービスを活用していくのかも決めていく必要があります。

基本的には既に契約等が済んでいるケースも多いかと思いますので、これらのステップは割愛されるケースも多いです。しかしこれから決まっていない、どのスカウトサービスを選べばいいのか分からないなどがあればその辺のアドバイスもさせていただきます。

また、私たちプロ人事では独自の正規代理店と契約を結んでいるダイレクトリクルーティングの会社もありますのでそういった会社を特別料金でご紹介していくことも可能です。

ステップ2:ターゲットの選定、スカウト文の作成

ステップ2

次にターゲットをどのような応募者にしていくのかを決めていくターゲット選定を行っていきます。

また複数のスカウトをするのに媒体等を活用していく場合には、それぞれの媒体に応じたカスタマイズも可能になっています。

スカウト文面の作成に関しては、クライアント企業様の方針等によってプロ人事では柔軟に対応させていただいています。

クライアント企業によっては、文面をできるだけ任せたいと考えていらっしゃる場合もあります。

その場合には、我々の方で作成させていただき、文面のリストを提出し確認頂けるのでスムーズな導入が可能です。

このプロ人事であれば非常に時間を節約しながらダイレクトリクルーティングのスタートすることができます。

一方で文面についても色々相談したい場合には、我々の方で過去の選考辞退された方の理由などを聞かせていただきます。

そして選考辞退された理由などをあらかじめ払拭できるようなオファー文面を作成したり、逆に入社を決意された理由などを聞かせていただきそれに沿った文面などを作成させていただきます。

ステップ3:オファーメール、スカウトメールの送信

ステップ3

次にここからはオファーメールとスカウトメールの送信を行っていきます。

一部のダイレクトリクルーティングのサービスやスカウト代行に関しては一括送信等もあるものもありますが、基本的にはダイレクトリクルーティングやスカウト代行ではそのような一括送信を使う事はまずあり得ません。

そもそも一括で送信するような内容を作成する時点で、ノウハウは含まれていませんしそのような手を抜くようなサービスは絶対に使うべきではないでしょう。

やはり一人ひとりの文面に応じてベースの文面をカスタマイズしていき、個人に応じた文面をしっかりと作成していくことで初めて成果が出てくるのです。

またカスタマイズにおいても料金等が別で掛かるようなサービスはやめておいた方がいいかもしれません。

基本的にはこれらのサービスにおいて文面のカスタマイズをするのがダイレクトリクルーティングやスカウト代行の大原則ですので、それらを別料金としてしまうのはそもそもサービスの設計的に少々おかしい点があると言わざるを得ないでしょう。

ステップ4:日程調整と対応

ステップ4

次に応募者から連絡が来たときの日程調整の連絡です。

新卒採用のダイレクトリクルーティングの場合には、基本的に説明会へ誘致するスタンスが多いため最も効率的なフローができるでしょう。

しかし近年では説明会の前に個別面談などをしていくケースなども増えているため、選考フローについてはクライアント企業との相談が必要です。

ちなみにプロ人事では、この個別の面談も我々で代行が可能となっています。

よくあるフローとしては、学生に対して個別の先面談と説明会の両方選べるようにしておき、学生側に選んでもらう選考フローです。

当然、学生によっては選考を急ぎたいと思っている人もいますので、個別の面談を飛ばして説明会行することもできるような選択肢を用意しています。

一方で個別の面談をしていくことによって学生一人ひとりの意向を上げていくこともできますので、学生の考えや希望条件等によってそういった点を柔軟に対応していくことができます。

また中途採用におけるダイレクトリクルーティングの場合には説明会を間に入れる事はあまりありません。

そのためいきなり面接をしていくか、カジュアル面談をしていくのかが会社によって異なっています。

カジュアル面談や面接どちらの場合でも応募者の面接日程の調整だけでなく面接官と日程調整も必要となってきます。

これらの点に関してもスムーズに日程調整をしやすくしていくため予定表を我々に開放していただき、我々で日程調整をさせていただく形で取り組みさせていただきます。

ステップ5:レポートの提出

ステップ5

そして最後のステップとしては、ダイレクトリクルーティングに関するレポート等を提出させていただきます。

当然ながらダイレクトリクルーティング運営していく中でも様々な問題点が発生していくと考えられます。

それに関して、日々改善の取り組み等を行っていきますが、改めてレポートで報告させていただき今後中長期的な課題解決等の改善をしていきます。

原則的に月に1度がレポートの目安にはなっていますが、状況に応じてそ細かく調整させていただくことができます。

具体的には新卒の採用等の場合に関しては採用のオンシーズンは週に1度レポーティング行ったりもしますし、逆に閑散期などは月に1度もレポートしない(そもそもダイレクトリクルーティング自体一旦停止する)と言うケースもありますので、一概には言えませんがクライアント企業の希望に応じて調整させていただきます。

4.ダイレクトリクルーティングの費用の目安(プロ人事の場合)

ダイレクトリクルーティングに関しては、上記のように細かな点はクライアント企業様と相談しながら決めていくことができるため、明確に決まった費用モデルはありません。

しかしながらそれであればどうしても費用感が全くイメージがつかずなかなか導入していいのかどうかがない見づらいところもあるでしょう。

そこで幾つかの例をご紹介させていただきながら、プロ人事のダイレクトリクルーティングやスカウト代行の費用をご紹介していきます。

〈フルスペックのダイレクトリクルーティングスカウト代行事例〉

フルスペックのダイレクトリクルーティング

専門の担当者が1人つき、サポートの担当者が1人ついてサポートさせていただくダイレクトリクルーティングのプロになります。

稼働時間としては1週間あたり30時間〜40時間近くとなり、その上でサポート担当がつきますので、イメージとしては1人あたりの社員と同じ位のイメージと思ってもらえたら良いのかと思います。

これらの場合で月額800,000円程度の費用となっています。

通常年収が5,000,000円の人事を1人採用し社内で保険等を整備した場合には700,000円近くが掛かってしまうため、ほぼ同じ位のコストでアウトソーシングできるためとてもリーズナブルなものになっています。

〈コストを抑えたダイレクトリクルーティングのプラン〉

コストを抑えたダイレクトリクルーティング

フルスペックから工数を若干落とし、コストパフォーマンスを重視したプランがあります。

正社員の工数で考えていくと週2日位のイメージで思っていただければと思います。

この場合はほぼサポートデスクが中心に担当させていただき、担当者がサポートで入ってくるイメージになっています。

通常このような場合ですと他社であれば350,000円や400,000円程度かかるようなプランですが我々であれば300,000円から350,000円程度と比較的リーズナブルなコストで抑えることができます。

その背景としてはプロ人事自体が神戸という地方都市にいるためバックオフィスのメンバーの人件費やオフィス内など他社と比べ安価に設定することができるためコストパフォーマンスに優れた形を実現することができるようになっています。

まとめ

このコンテンツではダイレクトリクルーティングのスカウト代行・運用に関する実態についてご紹介していきました。

特に近年ではダイレクトリクルーティングに関して注目を集めていますので、このような代行サービスを使う際にはぜひこちらの記事等を参考してください。

まとめ

またプロ人事の方では、ダイレクトリクルーティングのスカウト代行・運用なども行っているためぜひお問い合わせください。

私たち株式会社プロ人事は人材の採用に関するコンサルティングに特化した専門の会社となっています。

当然ながらダイレクトリクルーティングに関しては、採用の設計の段階からご支援させていただくだけでなく運用代行まで我々プロ人事でさせていただく形になっております。

このコンテンツではダイレクトリクルーティングのスカウト代行・運用代行の実態と題して、近年注目を集めているダイレクトリクルーティングの運営代行やアウトソーシングサービスについて実際どのような中身になっているのかをご紹介解説していきます。

【プロ人事オススメ!】採用についての関連記事

採用についての関連記事
この記事を読まれた方におすすめしたい記事の紹介になります。併せてご覧ください!
ダイレクトリクルーティングについて代行する際の実態と代行をしているプロ人事と他社の比較をしている記事になります。

まず、ダイレクトリクルーティングについてスカウト代行や運用代行の具体的な内容をメリットを踏まえて解説している記事になります。

また、ダイレクトリクルーティングも行っている我々プロ人事と他社との違いを徹底比較している記事になります。

よかったらシェアしてね!

「採用代行」にお困りならお問合せください!

ご不明な点やご不安な事項はメールフォームからご相談ください!
2営業日以内に担当者より御連絡させて頂きます。
どんな些細なご相談でもご遠慮なくご相談くださいませ。
しかも、今なら、初回コンサルティングを無料でご提供させて頂いています!

\ お気軽にお問合せください!/

この記事の監修者

採用代行・採用コンサルティングサービスを提供している株式会社プロ人事が運営する採用メディア「SaiDai」

目次
閉じる